セルフ・キャリアドック導入支援サイト

セルフ・キャリアドック導入支援サイト

「セルフ・キャリアドック」とは

「セルフ・キャリアドック」とは、企業がその人材育成ビジョン・ 方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリ ア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の 支援を実施することを通して、従業員の主体的なキャリア 形成を促進・支援する総合的な取組みです。


 セルフ・キャリアドックに不可欠の具体的な要素として、①企業の人材育成ビジョンと目的(※1)の明確化、②社内制度及び③実施体制の整備等が挙げられます。
 キャリア自律(※2)が可能な企業・社会の実現を目指す上での中心的な取組みとして、「「日本再興戦略」改訂2015」等の政府方針に基づき、厚生労働省が中心となり、平成28年度からその普及、推進を図っているものです。


 ※1 「ビジョン」とは企業が目指す姿であり、「目的」とはビジョンを実現するための具体的な達成事項のことです。
 ※2 「キャリア自律」とは、自分自身のキャリアビジョンをしっかり持ち、中長期的な視点から計画的・主体的な行動の積み重ねを行い、自分のキャリアを構築することです。社会・組織のあり様の変化の中で、職業生活設計に基づいて能力開発等に積極的に取り組み、社会・組織の環境変化や個々のライフキャリア上の節目に対応して、キャリア充実に当事者意識と意欲を持ち、能力を発揮できるよう、自分で自分の居場所やチャンスを3年から5年の中長期的な視点で作っていくことです。

ページトップ

厚生労働省

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.