セルフ・キャリアドック導入支援サイト

セルフ・キャリアドック導入支援サイト

セルフ・キャリアドック導入支援事業

「セルフ・キャリアドック」モデル企業

〈キャリアコンサルティングで元気な社員を育む企業〉

募集

 セルフ・キャリアドックとは、企業の人材育成ビジョンに基づき、体系的・定期的なキャリアコンサルティングの実施を含め従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組のことです。
従業員の仕事に対するモチベ-ションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上にも寄与することが期待されます。
 「日本再興戦略(改訂2015)」「日本再興戦略2016」等の政府方針に基づき、厚生労働省が中心となって、平成28年度から普及・推進を図っており、現在、セルフ・キャリアドックの先進事例としてご協力いただく「モデル企業」を募集しています。

 

※応募を締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

モデル企業の選定要件

 セルフ・キャリアドック導入支援事業のモデル企業は、以下の4点について、既にすべて備えているか、又は、本事業期間中に整備する見込みがあることが要件となります。(セルフ・キャリアドック導入支援ホ-ムペ-ジ応募フォ-ムを参照してください。)
 ① 企業の経営課題に即した人材育成ビジョンを明らかにすること。
 ② 企業内のキャリアコンサルティングができる経験・能力を備えたキャリアコンサルタント等(※)をおくこと。
 ③ 企業内部において、年齢・就業年数・役職昇進等の節目において定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を、従業員に付与すること。
 ④ 上記①から③の要件を備えたセルフ・キャリアドックの実施を社内制度として規定に整備すること。
※ 中小企業は本事業の実施期間内に限り、キャリアコンサルタントの派遣を事業事務局に要請することが可能です。
 

スケジュール

1 平成28年9月9日 ~10月21日

モデル企業の応募受付

2 平成28年10月中

モデル企業の選定
厚生労働省委託事業として実施する、有識者からなる「セルフ・キャリアドック導入支援事業推進委員会」での検討を踏まえ、業種、地域、企業規模のバランス等をみて選定します。

3 ①平成28年11月10・11日(東京) 
  ②平成28年11月14・15日(大阪)
 

導入キャリアコンサルタント等の事前研修
(セルフ・キャリアドックの取組の開始)

4 平成30年3月末

事業終了

セルフ・キャリアドックにより期待される効果とは?

① 従業員の仕事に対するモチベーションをアップさせることができます。
 ・従業員が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
 ・従業員が適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
 ・従業員がキャリアパス(社内での昇進に必要な仕事の経験や順序など)をイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができます。

② 新規採用職員などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑に行うことができます。
 ・新規採用職員などに対して、キャリア・プランを明確化・具体化することにより、職場への定着や仕事への意欲を高めることができます。
 ・育児休業者や介護休業者などが抱える課題の解決を支援することにより、職場復帰を円滑に行うことができます。

③ 上記➀②を通じて、全体として企業の生産性を向上させることができます。

モデル企業になったら何をするの?

① 本事業開始までに(平成28年9月~11月)
 ・「セルフ・キャリアドック実施プラン」などの提出をお願いします(具体的な記載方法については、事務局にお問い合わせください)。
 ・企業内キャリアコンサルティングを行うキャリアコンサルタント等(※)を配置していただきます。

② 本事業をスタートしたら(平成28年11月~平成29年9月)
 ・対象となる従業員に対し、➀本事業の趣旨説明(セミナ-等)②キャリアコンサルタント等によるキャリアコンサルティング(対象者1人1回以上)などを実施していただきます。
 ・本事業の実施状況等について報告していただきます。
 ・このほか、「セルフ・キャリアドック導入支援事業推進委員会」によるアンケート調査等への協力をお願いします。

 ※…中小企業は、本事業の実施期間中に限り、事務局に対して導入キャリアコンサルタント等の派遣を要請することができます。
 ※…本事業のための事前研修(東京(11/10-11)又は大阪(11/14-15)、参加費無料)を受講していただきます。

お申込み・お問合せ:セルフ・キャリアドック 導入支援事業事務局 (株式会社セントメディア)

ページトップ

厚生労働省

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.